人形に関するお悩みは
お気軽にご相談ください
0972-22-7590
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです

1/7

令和元年

11月16日より

​雛人形展開催

愛され続け36年、佐伯市唯一の人形専門店。

早期、御購入特典有り

段飾り立雛、

県内どこでも専門スタッフにて配送飾付け

​当店は九州に6店

​吉徳大光正規特約店

​正徳1711年、江戸で最古の老舗

この図版は、天保年間の「江戸名所図会( ずえ)」巻之一より「十軒店(じっけんだな)雛市」の図。
画家長谷川雪旦が、有名な日本橋十軒店の雛市の賑わいを描いたものです。上部には芭蕉の「内裏雛人形天皇の御宇(ぎょう)かとよ」の句が記されています。軒先に張りめぐらした幕に、吉徳(山田家)の家紋・三蓋松(さんがいまつ)が見かくれしていることから、この図が江戸後期から明治にかけて、ここに常店(じょうみせ)を構えていた吉徳の店先であることがわかります

鶴亀能楽雛

めでたさを象徴する鶴と亀に、大切なお子様が健やかに成長され、末永く幸せでありますようにとの願いを託し、心をこめて製作した七人飾りです。
お人形には、古典的彩りの金襴衣裳を着せ付け格調高い雰囲気を出しました。
金の屏風には、満開の桜の大樹を描きました。
飾り台の中央には桧の能舞台とお能の「鶴亀」を演じる2体のお人形を配し、お道具には、能楽を象徴する“楽器と扇子”を加えました。
飾り台には木彫り細工で美しい松を施しました。
見どころを随所に散りばめた七人飾りのおひな様です。