人形に関するお悩みは
お気軽にご相談ください
0972-22-7590
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです

雛人形とは

 ひとことで言えば、お子様の誕生を祝い、健やかな成長を祈るためです。
今では毎年お祝いをし、縁起の良い日のように思われている「3月3日」と「5月5日」ですが、古代中国では、奇数が重なるこの日は「重日」といって忌み嫌われ、悪い日だと考えられていました。そこで、古代中国の人々はこの悪い日にさまざまな厄ばらいをすることで、家族が無事に過ごせるよう祈ったのです。それが、現在のひな祭りや端午の節句の始まりと言われています。

ひな人形のルーツは、人間のけがれや災いを託して身代わりとする、紙や木で簡単に作った「ひとがた」だとされています。もともとは粗末なものでしたが、人々は「ひとがた」が自分たちを守ってくれる尊い存在、神様のようだと考えるようになり、大切にまつるようになったのです。
江戸時代、3月3日に飾られるひな人形は、すでに高貴な男女の一対で、華麗な衣裳をまとった美しい姿をしていました。各家庭では、これらの人形に季節のご馳走やお酒をお供えし、そのお下がりを頂きました。さらに、美男美女が仲睦まじく並ぶ男雛女雛の様子は、いつしか理想的な夫婦の姿として、女性の幸せと重ね見られるようになったのです。」

ひな人形は人々が子どもの誕生を祝い喜び、その健やかな成長と幸せな一生を祈って贈るもの。その「祝いと祈りのかたち」を象徴した姿なのです。